ワーグナー《ワルキューレ》対訳完成と「告別と魔の炎の音楽」YouTube動画公開

オペラリヒャルト・ワーグナー《ワルキューレ》のドイツ語日本語対訳がもうひとつ完成しました。翻訳は Maria Fujioka さまです。

対訳はこちら → ワルキューレ

この《ワルキューレ》の日本語訳は著作権で保護されています。転載をご希望の方は管理人までお問い合わせください。著作権者に取り次ぎます。もちろん著作権法第32条で認められた「引用」の範囲内においてはこの限りではありません。

この訳文を使って「ヴォータンの告別と魔の炎の音楽(さようなら勇敢で神聖な乙女よ!)」を動画対訳にしました。クナッパーツブッシュ指揮の名録音です。この音源は2017年末の時点で公開から50年以上が経過し、2017年まで著作隣接権保護期間を50年と定めていた日本では、パブリックドメインとなっています。



この音源はもうずっと昔に動画にしていたのですが、そちらは例の謎の冒頭音欠けが発生していました。この立ち上がりのところで音が欠けるとクナの音楽が台無しですよね。こうして出し直すことができてよかったです。

ワーグナー:『ワルキューレ』~ヴォータンの告別と魔の炎の音楽

 ジョージ・ロンドン
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ハンス・クナッパーツブッシュ(指揮)

 録音時期:1958年6月
 録音場所:ウィーン、ゾフィエンザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

同様に冒頭音欠けが発生しているクナとフラグスタートの《ワルキューレ》第1幕も作り直すつもりです。いつになるかわからんけど。

ワルキューレ
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ 人気ランキング)
ランキングを見る(クラシック情報サイトボーダレスミュージック)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
ココで投票できない場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック