【集計結果】リヒャルト・シュトラウスの「最高」とは?

リゴレット昨年11月24日「オペラの日」から投票を開始し、本日一杯投票期日となっている「リヒャルト・シュトラウスの最高傑作とは?」は不正投票がありましたので、1年前の「ワーグナーとヴェルディ、どっちが偉い?」 と同様に…

ノーゲーム

といたします。清く正しい一票を投じていただいたみなさまにはたいへん申し訳ありませんが、不正な投票結果をネット上に放置しておくのもいかがなものかと考えますので、さきほど「リヒャルト・シュトラウスの最高傑作とは?」投票を全削除しました。粘着してる方、1年間おつかれさまでした。

結論は50年後の2064年生誕200年祭に持ち越しです。第三代オペラ対訳プロジェクト管理人あたりが第二回投票を実施してリヒャルト・シュトラウスの最高傑作を決めてくれるでしょう。

一方、リヒャルト・シュトラウスの誕生日6月11日から投票を開始した、「《4つの最後の歌》 最後に最高だったのはどの歌?」は荒らされることもなく無事投票を締切ました。
1位夕映えの中で18票
2位眠りにつくとき11票
3位4票
4位9月0票
順当な結果なのかな。まあ半年やって総投票数こんなもんです。総投票数1250件とかありえねーから。

明日から新しい投票がスタートします。

ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック