オペラ対訳プロジェクト広報室

アクセスカウンタ

zoom RSS アンナ・モッフォの「わたしはミミ」 を @YouTube が不当に削除しました

<<   作成日時 : 2016/07/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オペラ6月に公開したプッチーニ 《ラ・ボエーム》 「わたしの名はミミ」の動画が SME (Sony Music Entertainment) の申し立てに基づきYouTubeによって削除されましたのでお知らせします。

この音源の公開年は1961年です。公開から50年以上が経過し日本をはじめ「著作隣接権」保護期間を50年と定める国では、パブリックドメインとなっています。

しかし、現在「ミミ」動画を再生しようとすると『この動画は、SME から著作権侵害の申し立てがあったため削除されました。 』とのメッセージが表示されます。(厳密には「著作権」は誤りで「著作隣接権」な……プッチーニの著作権とか切れてるから)

YouTubeにはさっそく異議申し立てをしました。認められれば2週間ほどで動画が復活するはずです。この記事末尾に削除または凍結中の動画をまとめて掲載しています。サムネイルが表示されなかったり、表示されるけど再生できなかったり、状態に違いがあるのは謎ですが、再生できるようになればこちらの異議が認められたということです。

たいへん迷惑しています。『SME から著作権侵害の申し立てがあったため削除』の表示を見れば、誰だってオペラ対訳プロジェクトは著作権法を犯しているのだなと思うでしょう。人を犯罪者扱いするのはやめてください。

でも悪いのは SME じゃありません。SME には申し立てをするだけの十分な理由があります。「著作隣接権」保護期間が継続していてこの音源がパブリックドメイン入りしていない国だってたくさん(アメリカとか)あるでしょうから。また SME がプッチーニの代理人を務めているとは考えにくいけど、プッチーニの「著作権」保護期間が継続している国もあるでしょう(メキシコか?)。そういう国別の凸凹があるのを承知で、システム的に十分対応可能であるにも関わらず、全く手を打たないYouTubeが悪いです。

ちなみに、削除に至る過程は3ステップあるみたいです。警告に対して2回異議申し立てをすると、3度目にこういうことになります。

再審査請求確認済み: 削除保留中

2016/07/21までは再審査請求を撤回できます

SME さんが再審査請求を確認した結果、お客様の動画には著作物(Sì. Mi chiamano Mimi - Anna Moffo)が含まれていることが判明いたしました。この著作物を動画で使用することは許可されていません。

対処が行われなかった場合は、問題の動画は 2016/07/21に YouTube から削除され、お使いのアカウントには著作権侵害の警告が適用されます。この著作物を使用する権利があると思われる場合は、この日以降に異議申し立て通知を提出できます。

動画を現在の状態のまま維持し、著作権侵害の警告を受けないようにするために、以下の再審査請求をキャンセルすることができます。

動画は削除されました
1 回目の著作権侵害の警告を受けました。
著作権侵害の違反警告の理由

あなたの動画に著作権を侵害する音声または映像素材が含まれていると考えられるため、著作権者から動画の削除を要請されました。

タイトル: プッチーニ 《ラ・ボエーム》 「わたしの名はミミ」 アンナ・モッフォ
動画 ID: TIizlcQrfGA

著作権侵害の警告とは
著作権侵害の申し立てのために動画が削除されると、アカウントに対して「著作権侵害の警告」という一時的なペナルティが科されます。3 か月間に違反警告を 3 回受け取ると、アカウントにアクセスできなくなる可能性があります。

解決方法
この違反警告を解決するにはコピーライト スクールを修了し、違反警告の期限が切れるまで 3 か月お待ちください。この期間中も YouTube にはアクセスできますが、一部の機能はご利用いただけません。

この警告が誤りであると思われる場合
異議申し立ての通知を提出するか、著作権者に申し立てを撤回するよう依頼することができます。

さらに異議申し立てをするとこんなメールが届きます。ヘタすれば裁判沙汰ですわ。

OperaTaiyaku 様

異議申し立て通知をお送りいただきありがとうございます。削除通知の送付者に転送いたしました。

なお、この異議申し立て通知を提出すると、正式な法的手続きが開始されます。YouTube は法律に従ってこの手続きを処理します。この手続きには時間がかかる場合がありますので、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

申立人にこの異議申し立てを転送後、申立人はその日から 10˜14 営業日以内に、お客様による当該動画の復元を差し止めるために裁判所への請求を行ったという証拠を提出する必要があります。

この期限までに回答が得られなかった場合は、お客様の動画は復元され、アカウントに科された関連のペナルティも取り消されます。

異議申し立てのステータスについては、このメールスレッドで更新情報の通知を送信いたします。ステータスは [動画の管理] からもご確認いただけます。

- YouTube チーム

裁判沙汰にもならず、かといって動画も復活しないケースが「第9」や「真夏の夜の夢」のパターンみたいです。前にも書いたとおり決着が玉虫色です。YouTube法務チームに質問のメッセージを送りましたが、もちろん何の返事もありません。

裁判沙汰になりたくなかったら一番簡単な方法は著作権侵害の警告に対して何もしないことです。それでも何の問題もありません。せいぜい動画に広告が表示されるぐらいのことです。(そしてその広告収入がYouTubeと権利有りと主張する者との間で折半される仕組みだと思う)

しかし何も主張しなければ警告を認めたことになる(というのがアチラの社会の常識でしょう)から、それも面白くないのでせっせと異議申し立てをするわけです。ゴキブリ業者の件も含めると相当な件数です。私に弁護士資格があったら、威力業務妨害で訴えてやるところです。

アンナ・モッフォが歌う「わたしはミミ」


メンデルスゾーン 《真夏の夜の夢》2種




カラヤンの「第九」2種




削除された動画はいずれも比較的短い動画なのが不幸中の幸い。これが先週出した《神々の黄昏》みたいに2時間の長尺モノだったりすると、きっと凹みます。

ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペラ

オペラ

オペラ

人気ブログランキングへ

オペラ対訳プロジェクト


オペラ対訳完成


その他対訳完成


オペラ配役プロジェクト


リンク


アンナ・モッフォの「わたしはミミ」 を @YouTube が不当に削除しました オペラ対訳プロジェクト広報室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる