テーマ:オーディオ

オペラのためのオーディオ(13)~ 電源タップを改造してみた

電源ケーブルの音質比較チェックをしていたとき、電源タップから伸びているケーブルの品質に不安を感じて、無理矢理ケーブル交換してみることにしました。画像を撮っておいた2年前の製作記録です。 → オペラのためのオーディオ 元になったタップはアメリカのホームセンターで購入したベルキン社製。12ドルぐらいだったかな。雷サージとスイッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(12)~ マゼールのバッハ

ロリン・マゼールを「変態」呼ばわりする人を心密かに軽蔑しています。久々のオーディオチェック用CDを紹介する企画はマゼールのバッハです。 → オペラのためのオーディオ オーディオチェックによく使うのは「管弦楽組曲」第2番と「ブランデンブルク協奏曲」の第3番、第4番あたり。右のジャケ写は「管弦楽組曲」全曲盤から第2番と第3番、第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(11)~ エレキット プリアンプ TU-875

オーディオねたを書き始めたのが1年前。と同時に再燃したオーディオ熱が冷めず、未だにあーでもないこーでもないといじっていて現在進行形のため、メイン機器の紹介までなかなかたどり着きません。今日の記事ももう使っていないエレキットの真空管プリアンプ TU-875 の紹介です。2007年4月に購入、26,500円でした。 → オペラのための…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(10)~ チューナー KENWOOD KT-V880

オーディオの模様替えをしたらスペースが余ったので、春頃にアナログプレーヤーを復活させたのに続き、もう一つのアナログ、FMチューナーも復活させてみました。たぶん「らじる★らじる」が始まって以来の復活だと思います。 → オペラのためのオーディオ KENWOOD の KT-V880 です。型番に「V」が付いているのはテレビの音声も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(9)~ ナラ・レオンのボサノバ

オーディオ・チェック用につい手が伸びるCDを紹介する企画、第2回はナラ・レオンのボサノヴァ「ギターひとつの部屋で」です。 → オペラのためのオーディオ オーディオ試聴会に行くと「とりあえず女性ヴォーカルを聴いてみましょう」と言って聴かせてくれます。ダイアナ・クラールとかホリー・コールとか藤田恵美とか美空ひばりとか……。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(8)~ 上海問屋 USB/DAC DN-87343

上海問屋のUSB/DAC で通じるのかな。パソコンのデジタル音源をメインシステムなどで聴く時に使っています。2014年3月に購入、4000円ぐらいでした。 → オペラのためのオーディオ USBポート・角形光デジタル・同軸デジタルの3系統のデジタル入力をアナログに変換して、ピン端子またはヘッドフォン端子から出力します。USB接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(7)~ 海外ネット通販で真空管を7本買う

真空管には寿命があります。管の中の電線が切れたり空気が入って銀色の部分が真っ白になればおしまいです。寿命は使用頻度や使用条件次第なので一概には言えません。 → オペラのためのオーディオ ギターアンプの場合は定格ギリギリあるいはそれ以上の電圧をかけてわざと音を歪ませて使うので寿命は短いんだそうです。オーディオでの使い方はずっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(6)~ アナログプレーヤー QL-Y44F

先日、何度目かのアナログ復活を果たしました。第6回はアナログプレーヤー、ビクター QL-Y44F の紹介です。 → オペラのためのオーディオ アナログ再生が流行ってるんだそうです。いろんな意味でデジタルの申し子ともいえる Perfume までが2万円もする6枚組LPレコードを発売したそうですから相当なもんです。 私も久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(5)~ ハイブリッド真空管アンプ TU-H80

第5回はエレキットのハイブリッド真空管アンプ TU-H80 です。真空管増幅とチップによるD級増幅をハイブリッドしてるアンプです。 → オペラのためのオーディオ 見ての通りCDケースと並べて置けるサイズ。デスクトップ・オーディオなどに最適です。小窓から真空管がほんのり点灯するのが見えます。 キットを組み立てます。でもハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(4)~ラベック姉妹のバルトーク

突然ですがベラ・バルトークです。カティア&マリエル・ラベックのピアノ、シルヴィオ・グァルダとジャン=ピエール・ドゥルーエの打楽器です。 → オペラのためのオーディオ オーディオ・システムを何かいじるとき気をつけなくてはいけないのは、いっぺんにあれこれ変えないこと。スピーカーの位置を変えたら音出ししてチェック、プリアンプを足し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(3)~ ヘッドフォンアンプ エレキット TG-5882

第3回はエレキット TG-5882 の紹介です。ご覧のとおり真空管を増幅素子に使ったヘッドフォンアンプです。 → オペラのためのオーディオ 2006年6月に購入しました。このアンプを皮切りに続々と真空管アンプが溜まってしまい、私の部屋には真空管を載せたアンプが6つ転がっています。TRV-35SE 以外はキットを組んだもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(2)~ スピーカー KEF iQ5

第2回はスピーカー KEF iQ5 の紹介です。KEF のスピーカーは2モデルに渡って20年も使ってるんですが、いまだにこのブランドの正しい読み方を知りません。ケフでいいのかな?それともケーイーエフですか。 → オペラのためのオーディオ KEF はヨドバシやビックに行けば置いてある程度にはメジャーだけどノジマにはない程度にマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラのためのオーディオ(1)~ はじめに

もう5年以上前から「管理人業務が暇になってブログのネタが切れたらオーディオねたでも書こう」と考えてました。 この広報室ブログは毎週必ずなんかしらの記事を出すという方針でやってます。なんであれプロジェクトが「活動中」であることをアピールしないといけません。開店休業状態に見えてしまっては翻訳ボランティアさんも集まらないでしょうから。も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more