テーマ:カーリング

トマ 《ミニョン》

アンブロワーズ・トマ《ミニョン》の対訳テンプレートを作成しました。訳したいオペラに投票いただいていました。お待たせしました。 対訳テンプレートはこちら → ミニョン テンプレはポリウト方式で作成しています。こちらの記事をお読みになってから作業を進めてください。役名の邦訳を右脇に書き込んで管理人に送ってもらえれば、こちらで一括…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト《第一戒律の責務》

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト《第一戒律の責務》の対訳テンプレートを作成しました。モーツァルト11歳のときの作品。モーツァルト初の舞台作品として紹介されることも。 対訳テンプレートはこちら → 第一戒律の責務 ウィキペディアによると、『モーツァルトは第1部の作曲を、第2部はミヒャエル・ハイドン、第3部はアードルガッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト《シピオーネの夢》

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト《シピオーネの夢》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → シピオーネの夢 フランスの Culturebox に全曲ライヴ動画が上がったので作ってみました。 テンプレはポリウト方式で作成しています。こちらの記事をお読みになってから作業を進めてください。役名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーリングまとめ(平昌五輪シーズン)

平昌五輪に至るシーズンのまとめ記事です。 全カーリング記事はこちら → カーリング いつもカーリングの記事は「ついでの記事」として書いてきました。そしてたぶんこれからも……。だからタイトルだけ見ても、中にカーリング記事が書かれているとは誰も思わない。 カーリング・ファンに読んでもらうつもりもないので、それでいいと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスカーニ《ザネット》

ピエトロ・マスカーニ《ザネット》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → ザネット 出版社はのちのち《カヴァレリア》とのダブルビルでの上演を期待していたというわずか40分ほどのオペラ。舞台はルネッサンス期の田舎。ザネットは吟遊詩人であるらしい。 テンプレはポリウト方式で作成しています。こちらの記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リムスキー=コルサコフ 《見えざる町キーテジと聖女フェヴォローニャの物語》

ニコライ・リムスキー=コルサコフ 《見えざる町キーテジと聖女フェヴォローニャの物語》 の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレはこちら → 見えざる町キーテジ テンプレはポリウト方式で作成していますので、こちらの記事をお読みになってから作業を進めてください。役名の邦訳を右脇に書き込んで管理人に送ってもらえれば、こちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カールマン 《チャルダーシュの女王》

エメリッヒ・カールマン《チャルダーシュの女王》の対訳テンプレートを作成しました。訳したいオペラにリクエストいただいていました。お待たせしました。 対訳テンプレはこちら → チャルダーシュの女王 テンプレはポリウト方式で作成していますので、こちらの記事をお読みになってから作業を進めてください。役名の邦訳を右脇に書き込んで管理人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツェムリンスキー 《フィレンツェの悲劇》

アレクサンダー・ツェムリンスキー 《フィレンツェの悲劇》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレはこちら → フィレンツェの悲劇 テンプレはポリウト方式で作成していますので、こちらの記事をお読みになってから作業を進めてください。登場人物はたった3人ですね。役名の邦訳を右脇に書き込んで管理人に送ってもらえれば、こちらで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケルビーニ 《メデア》

ルイジ・ケルビーニ 《メデア》 の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → メデア 初演はパリでフランス語ですが、今日上演機会があるときはほとんどイタリア語ですので、テンプレはイタリア語版です。対訳が必要なのは、どのみちマリア・カラスを聴く時でしょうし。 テンプレはポリウト方式で作成していますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニ 《マオメット2世》 《コリントの包囲》

ジョアキーノ・ロッシーニ 《マオメット2世》 《コリントの包囲》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → マオメット2世 対訳テンプレートはこちら → コリントの包囲 パリで上演するために《マオメット2世》を改作したのが《コリントの包囲》なんだそうです。どちらもほとんど上演される機会はありません。《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェルディ 《群盗》

ジュゼッペ・ヴェルディ 《群盗》 の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → 群盗 フリードリヒ・フォン・シラーの出世作のオペラ化です。なんとなく先週の「第九」からシラーつながりで。 ヴェルディ作品とはいえかなりマイナーなので、上のジャケ写のCDもなかなか入手しづらいのかもしれません。でもほらこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スッペ 《ボッカチオ》 《美しきガラテア》

フランツ・フォン・スッペ 《ボッカチオ》 《美しきガラテア》 の対訳テンプレを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → ボッカチオ 対訳テンプレートはこちら → 美しきガラテア 「恋はやさし野辺の花よ」は《ボッカチオ》のアリアだそうです。ここらへんらしい。たぶん浅草オペラで流行ったんだと思います。先日「漱石が体験した洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドニゼッティ 《ヴェルジーのジェンマ》

ガエターノ・ドニゼッティ 《ヴェルジーのジェンマ》 の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレはこちら → ヴェルジーのジェンマ カバリエが歌った全曲盤が再発売されるようです。ウィキペディアの情報によると長く忘れられた作品だったのを1970年代に復活上演し録音したとのこと。その後レパートリーに定着することなく今日に至る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リムスキー=コルサコフ 《不死身のカシチェイ》

ニコライ・リムスキー=コルサコフ 《不死身のカシチェイ》 の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → 不死身のカシチェイ いつものスペインのサイトから原語リブレットを拾ってきたらキリル文字版でした。全一幕で比較的短いです。ロシア語得意な方、よろしくです。 カシチェイってなんだろうと検索すると、カシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドニゼッティ 《夜の呼び鈴》

ガエターノ・ドニゼッティ 《夜の呼び鈴》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → 夜の呼び鈴 「Il campanello di notte」もしくは単に「Il campanello」と呼ばれているようです。私はタイトルすら知りませんでしたが、メジャーレーベルから複数の音源が出てるんですね。古くは19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニ 《ランスへの旅》

ジョアキーノ・ロッシーニ 《ランスへの旅》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → ランスへの旅 今から半世紀ほど前に始まったロッシーニ・ルネッサンス。それまでは《セビリアの理髪師》だけ有名な一発屋と思われていたロッシーニ・オペラの復興です。そしてクラウディオ・アバドが熱心に紹介したのが《ランスへの旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレヴィ 《ユダヤの女》

ジャック=フロマンタル・アレヴィ《ユダヤの女》の対訳テンプレートを作成しました。ジャック・アレヴィともフロマンタル・アレヴィとも表記されるようですが、たぶん同じ人です。 対訳テンプレートはこちら → ユダヤの女 きっとヨーロッパの人は《トスカ》だの《魔笛》だのにはもう飽き飽きしていて、何か珍しいの聴きたいんでしょう。最近ロベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーセル 《インドの女王》

ヘンリー・パーセル 《インドの女王》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → インドの女王 インドといってもカレーが旨いインドではなく、コロンブスが死ぬまでインドだと信じていたアメリカ大陸のお話だそうです。パーセルの時代にインドと言われても、それはインドと思ってはいけない。ヨーロッパ以外全部インドだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェルディ作品 スマホ表示対応 試験運用開始

ジュゼッペ・ヴェルディの対訳完成作品のスマートフォン表示対応の試験運用をスタートしました。 → ヴェルディ(パソコン版) → ヴェルディ(スマホ版) → ヴェルディ(携帯版) 対訳が完成している全ヴェルディ作品をスマホ・携帯で読めるようにしました。ただし、パソコンで表示したときのように、左右対訳で表示することはできません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニ 《幸せな間違い》

ロッシーニ 《幸せな間違い》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → 幸せな間違い 日本でもたまに小規模な公演があるみたいです。 前にもあやまったけど、もう一度あやまっとこう。チーム藤澤(LS北見)のみなさん、常呂町のみなさん、とんでもない間違いを書いてしまいごめんなさい。そしておめでとうご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドゥアール・ラロ 《イスの王様》

エドゥアール・ラロ 《イスの王様》 の対訳テンプレートを作成しました。訳したいオペラにリクエストをいただいていました。 対訳テンプレートはこちら → イスの王様 私はずっと「椅子の王様」だと思ってました。で、王様はロバの耳みたいな……。イスは、フランス・ブルターニュ地方に伝わる伝説上の都市。5世紀頃にブルターニュ地方西端の海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイアベーア 《預言者》

ジャコモ・マイアベーア 《預言者》の対訳テンプレートを作成しました。オーベール《ポルティチの物言わぬ娘》以来、久々のグランドオペラのテンプレです。 対訳テンプレートはこちら → 預言者 これ私は一音も聴いたことありませんしどんなお話かも知らないので検索してみますと、これまた《ポルティチ》や《ユグノー教徒》同様、グランドオペラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プフィッツナー 《パレストリーナ》

ハンス・プフィッツナー 《パレストリーナ》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → パレストリーナ 作曲者自身による台本で1915年に完成。あまり上演機会はありませんが、一部に根強い支持者がいるようです。 以上。 今週はオペラとかどうでもいい。極私的には1年で最大のスポーツイベント、カーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロルツィング 《密猟者》

アルベルト・ロルツィング 《密猟者》 の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → 密猟者 12月に公開した《皇帝と船大工》に続いてロルツィングです。そのときは気づきませんでしたが《皇帝と船大工》はまだ若いピチピチのルチア・ポップが主演したオペラ映画があるんですね。パッケージのジャケ写は白黒写真になってま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロルツィング 《皇帝と船大工》

ロルツィング 《皇帝と船大工》 の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → 皇帝と船大工 皇帝とはロシア皇帝、ピョートル1世のことでしょう。ピョートル大帝はロシア近代化のために西ヨーロッパをあちこち視察し、ときに身分を隠して船大工もやったとか。たぶんその逸話をオペラにしたんでしょう。LP時代に録音された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュトライヒが歌う 《ドン・パスクァーレ》 からのアリア YouTube動画公開

ガエターノ・ドニゼッティ 《ドン・パスクァーレ》 第1幕からノリーナ登場のアリア「騎士はそのまなざしに」のイタリア語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳は梅丘歌曲会館の藤井宏行さまです。 対訳はこちら → ドン・パスクァーレ ノリーナはお姫様の目ヂカラに陥落する騎士のお話を読んでますが、本を放り投げると「こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【障害】ウィキにアクセスしづらい状況が続いています

管理人です。昨日から「オペラ対訳プロジェクト」を展開しているアットウィキのシステムに障害が発生しているようです。アクセスしづらい状況が続いています。(11/17 解消しました) 来週から始まる新国立劇場《トスカ》の予習をしたい方もいらっしゃるかもしれませんが、テキスト対訳の閲覧はあきらめたほうがいいかもしれません。 昨日公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドニゼッティ 《ラ・ファヴォリータ》

ガエターノ・ドニゼッティ 《ラ・ファヴォリータ》の対訳テンプレートを作成しました。先週ドニゼッティ作品がひとつ上がりましたので新たな燃料投下です。 テンプレはこちら → ラ・ファヴォリータ(伊) テンプレはこちら → ラ・ファヴォリータ(仏) 「お気に入りのオンナ」とは王の愛妾のことだそうです。ドニゼッティはパリ・オペラ座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダルベール 《低地》

オイゲン・ダルベール 《低地》の対訳テンプレートを作成しました。 対訳テンプレートはこちら → 低地 ちなみにダルベールは「d'Albert」なので作曲家一覧で探す時は「A」のところを探してくださいね。 マリア・カラスが初めて大きな役をもらって舞台に立ったのがこのオペラのヒロイン、マルタでした。1942年のギリシャです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サザーランドが歌う 《後宮からの誘拐》 のアリア YouTube動画公開

モーツァルト 《後宮からの誘拐》 第2幕からコンスタンツェの長大なアリア「どんな拷問が待っていようと」のドイツ語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳は梅丘歌曲会館の藤井宏行さまです。 対訳はこちら → 後宮からの誘拐 コンスタンツェを歌うのはジョーン・サザーランド。絶好調です。ボニングやれば出来るじゃん、《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more