ワーグナー《マイスタージンガー》「冬の日の静かな炉端で」YouTube動画公開

オペラリヒャルト・ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第1幕から「冬の日の静かな炉端で」のドイツ語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳は Maria Fujiokaさまです。

対訳はこちら → マイスタージンガー

ヴァルターはシャーンドル・コーンヤです。2018年5月に出した「優勝歌」以来のヴァルターです。この音源は公開から50年以上が経過し、日本をはじめ著作隣接権保護期間を50年と定める国ではパブリックドメインとなっています。




何度も中止を繰り返してきた「オペラ夏の祭典」が来週ようやく幕を開けます。予定上演時間5時間半。体力勝負です。私はたぶん行きません。みなさんがんばってください。予習・復習には当プロジェクトの対訳をお役立てください。

オペラ夏の祭典 2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World
R.ワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』
全3幕〈ドイツ語上演/日本語及び英語字幕付〉

2021年11月18日(木)16:00
2021年11月21日(日)14:00
2021年11月24日(水)14:00
2021年11月28日(日)14:00
2021年12月01日(水)14:00

新国立劇場オペラパレス
予定上演時間:約5時間30分(休憩含む)

ハンス・ザックス:トーマス・ヨハネス・マイヤー
ファイト・ポーグナー:ギド・イェンティンス
クンツ・フォーゲルゲザング:村上公太
コンラート・ナハティガル:与那城敬
ジクストゥス・ベックメッサー:アドリアン・エレート
フリッツ・コートナー:青山貴
バルタザール・ツォルン:秋谷直之
ウルリヒ・アイスリンガー:鈴木准
アウグスティン・モーザー:菅野敦
ヘルマン・オルテル:大沼徹
ハンス・シュヴァルツ:長谷川顯
ハンス・フォルツ:妻屋秀和
ヴァルター・フォン・シュトルツィング:シュテファン・フィンケ
ダーヴィット:伊藤達人
エーファ:林正子
マグダレーネ:山下牧子
夜警:志村文彦

合唱:新国立劇場合唱団、二期会合唱団
管弦楽:東京都交響楽団

指揮:大野和士
演出:イェンス=ダニエル・ヘルツォーク
美術:マティス・ナイトハルト
衣裳:シビル・ゲデケ
照明:ファビオ・アントーチ
振付:ラムセス・ジグル
演出補:ハイコ・ヘンチェル

さて、そろそろ《マイスタージンガー》の全曲動画が出るんじゃないかと期待していた方もいらっしゃるかもしれません。ごめんなさい。まだです。

当初予定ではカイルベルト盤を使って作るつもりが、ネットで音源が拾えずカイルベルトはひとまず断念。カラヤン盤を使うことにしました。もちろんカラヤンはPD入りしていないので【音無版】になります。第二場まで制作が進んだところで気がついた。

カラヤン盤、スポティファイで聴けなくなってんじゃん!

こちらに4種の《マイスタージンガー》のウィジェットを貼ってますけど、カラヤンだけ「この曲はお住まいの国では再生できません」って出るでしょ。

がっかりしてやる気をなくしました。

マイスタージンガー
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
ココで投票できない場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック