プッチーニ《蝶々夫人》「ある晴れた日に」YouTube動画公開

オペラジャコモ・プッチーニ《蝶々夫人》からアリア「ある晴れた日に」のイタリア語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳は梅丘歌曲会館の藤井宏行さまです。

対訳はこちら → 蝶々夫人
動画はこちら → 蝶々夫人

音源はレジーヌ・クレスパンのイタオペ・アリア集から。この音源は2017年末の時点で公開から50年以上が経過し、2017年まで著作隣接権保護期間を50年と定めていた日本では、パブリックドメインとなっています。



コロナ巣籠もりと連続テレビ小説「エール」のおかげでYouTubeチャンネルは絶好調。こちらがチャンネル全体の28日間(6月)の視聴回数です。1年ぐらい前は、1日あたり1万回のあたりを行ったり来たりだったんですけどね。右端の「推定収益¥0」ってのはチャンネルを収益化してないからですよ~。

28days.gif
そしてこちらが三浦環の「ある晴れた日に」の90日間の視聴回数です。柴咲コウ演じる三浦環をモデルとした双浦環が登場するたびに、ものすごい勢いで回ります。伸び率999%って……。

tamaki90.gif
私は「エール」全然見てないんですけど、ヤマになってるとこで柴咲コウ登場なんでしょうね。オーディションの課題曲に《椿姫》第3幕が登場したそうで、その時にはゼアーニが歌った「さようなら過ぎ去った日々よ」も、ものすごい勢いで回りました。

撮影中断があったため、今は4月分の再放送をやってるみたいですが、再開後いずれ柴咲コウがプッチーニと面会するなんて場面が出てきたら、うちの動画スゴイことになるんでしょうなあ。

ちなみに先日、広瀬香美が「しくじり先生」で「うちではマタイ受難曲とか聞かされてた」と発言したとたん、リヒターの《マタイ》が通常より200回以上余計に回りました。

でも、YouTubeチャンネルが盛況だからといって、その視聴者たちがたくさんウィキに流れてくるってわけではないんだな。

蝶々夫人
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ 人気ランキング)
ランキングを見る(クラシック情報サイトボーダレスミュージック)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
ココで投票できない場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック