【投票開始】ぶっちゃけベートーヴェンの《フィデリオ》ってどうなのよ?

オペラ本日11月24日は「オペラの日」です。毎年この日にスタートする投票シリーズも9年目に突入。今年のお題は《フィデリオ》です。

対訳はこちら → フィデリオ

来年2020年はベートーヴェン生誕250年のアニヴァーサリーイヤーです。楽聖唯一のオペラとして崇められてきた《フィデリオ》、来年は世界各地で盛んに上演されるものと思われます。

しかし一方で「オペラとしては邪道」「器楽的に書かれていて歌いにくい」とか「あまり洒脱とはいえない喜劇の要素が中途半端に入っていて」「崇高で英雄的な救出劇と小市民的ジングシュピール世界との亀裂」があるとか、古来数々の批判にもさらされ続けてきました。

物語の解決もあまりに安易。最後に印籠を携えた殿様が現れ悪代官を懲らしめてシャンシャンって、フランス大革命の精神はどこ行った?

そんなわけで、ぶっちゃけ《フィデリオ》ってどうなのか、今期は《フィデリオ》を採点してみましょう。5点満点、零点はなしで。

投票はこちら

まだ《フィデリオ》聴いたことないという方は、こちらの全曲動画対訳をどうぞ。マゼール指揮のウィーン・フィル、題名役はビルギット・ニルソンです。



生誕250年に向けて、クレンペラーの《フィデリオ》と《ミサ・ソレムニス》と、どっちを動画対訳にしようか思案中です。

フィデリオ
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ 人気ランキング)
ランキングを見る(クラシック情報サイトボーダレスミュージック)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
ココで投票できない場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック