レオンタイン・プライスが歌う《サロメ》YouTube動画公開

オペラリヒャルト・シュトラウス《サロメ》抜粋のドイツ語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳は森鴎外です。

対訳はこちら → サロメ
動画はこちら → サロメ

抜粋箇所は、サロメを拒絶したヨカナーンが井戸の底に戻ってヘロデ王が登場するまでの間奏、そこからいきなりフィナーレの長大なモノローグ「ああ、私にキスさせてくれなかったわね」へと繋がります。

《ヘレナ》に続いて、レオンタイン・プライスのシュトラウスです。この音源は2017年末の時点で公開から50年以上が経過し、2017年まで著作隣接権保護期間を50年と定めていた日本では、パブリックドメインとなっています。



指揮は、ミュンシュのあとボストン交響楽団のタクトを託されていたエーリヒ・ラインスドルフです。アナログ録音黄金期に大西洋を股にかけ、長きに渡って大量の録音を残した人ですが、その物量のわりにはまるで尊敬を受けていないようです。動画対訳は「ワルキューレの騎行」など、これで3本目だと思いますけど、私も作っていて「この人つまんねえな」と思うのでした。

ですので、ラインスドルフが振りニルソンが歌った《ワルキューレ》全曲を動画対訳にする予定はないのですが、品薄の《サロメ》全曲は作りたいと思ってました。カバリエが歌ったやつです。しかし、これも昨年末の改正著作権法発効でおじゃんです。Spotify(スポティファイ)では無料で聴けます。



来月は東京と大阪で《サロメ》です。ビルギット・ニルソンの全曲動画対訳もあります。予習・復習にお役立てください。

東京二期会オペラ劇場《サロメ》

東京文化会館 大ホール

6月5日(水)、8日(土) / 6月6日(木)、9日(日)
ヘロデ:今尾 滋 / 片寄純也
ヘロディアス:池田香織 / 清水華澄
サロメ:森谷真理 / 田崎尚美
ヨカナーン:大沼 徹 / 萩原 潤
ナラボート:大槻孝志 / 西岡慎介
ヘロディアスの小姓:杉山由紀 / 成田伊美
ユダヤ人1:大野光彦 / 升島唯博
ユダヤ人2:新海康仁 / 吉田 連
ユダヤ人3:高柳 圭 / 伊藤 潤
ユダヤ人4:加茂下 稔 / 新津耕平
ユダヤ人5:松井永太郎 / 加藤宏隆
ナザレ人1:勝村大城 / 小林由樹
ナザレ人2:市川浩平 / 相山潤平
兵士1:大川 博 / 髙崎翔平
兵士2 :湯澤直幹 / 後藤春馬
カッパドキア人:岩田健志 / 寺西一真

指揮: セバスティアン・ヴァイグレ
演出: ヴィリー・デッカー

演出補: シュテファン・ハインリッヒス
舞台美術: ヴォルフガング・グスマン
照明: ハンス・トェルステデ
演出助手: 家田 淳
舞台監督: 幸泉浩司
公演監督: 佐々木典子
公演監督補: 牧川修一

リヒャルト・シュトラウス/サロメ
(演奏会形式/全一幕/原語上演・日本語字幕付き)

2019年6月8日(土)15:00開演(14:00開場)

フェスティバルホール

サロメ:リカルダ・メルベート
ヘロデ:福井 敬
ヘロディアス:加納悦子
ヨカナーン:友清 崇
ナラボート:望月哲也
ヘロディアスの小姓/奴隷:中島郁子
ユダヤ人1:高田正人
ユダヤ人2:菅野 敦
ユダヤ人3:児玉和弘
ユダヤ人4:岡本泰寛
ユダヤ人5:畠山 茂
ナザレ人1/カッパドキア人:北川辰彦
ナザレ人2:秋谷直之
兵士1:大塚博章
兵士2:斉木健詞

大阪フィルハーモニー交響楽団

指揮:シャルル・デュトワ
※指揮者が変更になりました

大阪は尾高忠明の予定が病気のためキャンセルに。振り返れば、この人新国立劇場オペラ芸術監督のときもキャンセルだった。つくづくオペラと縁のない人なんですね。

サロメ
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック