ツェムリンスキー 《フィレンツェの悲劇》 対訳完成

フィレンツェの悲劇アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー 《フィレンツェの悲劇》 のリブレット歌詞対訳が完成しました。ツェムリンスキー作品はじめての完訳です。

日本語対訳はこちら → フィレンツェの悲劇

翻訳はブゾーニ《ファウスト博士》に続いての完訳となる押尾さまです。2月にテンプレを公開したとき、すぐに声を掛けていただいたのですが、こんなに早く上がってくるとは思いませんでしたよ。ありがとうございました。

今回のツェムリンスキー 《フィレンツェの悲劇》 の日本語訳テキストはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス・表示 2.1 日本 (CC BY 2.1) でライセンスされています。その条件に従う場合に限り、自由にこの日本語対訳テキストを複製、頒布、展示、実演することができます。「表示」条件をクリアするためには次のタグを転載先ウェブ上の近傍に貼ってください。

<a href="https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/" target="_blank" ><img border="0" style="" title="Creative Commons License" alt="Creative Commons License" src="https://i.creativecommons.org/l/by/2.1/jp/88x31.png" /></a><br />この日本語テキストは、<br /><a href="https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/" target="_blank" rel="nofollow">クリエイティブ・コモンズ・ライセンス</a><br />の下でライセンスされています。<br />@ Aiko Oshio

さらに出典元のURL
https://www31.atwiki.jp/oper/pages/2176.html
を加えてもらえるとなおよいですが、義務ではありません。

シャイー盤をはじめ、いくつか Spotify(スポティファイ)で無料で聴けます。



来シーズン、新国立劇場で取り上げるそうなので、今からバッチリ予習に使ってください。

フィレンツェの悲劇
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック