ヘンデル 《ジュリオ・チェーザレ》 第1幕(抜粋) YouTube動画公開

ジュリアス・シーザー今日は3月15日、ジュリアス・シーザーの命日、つまり暗殺された日です。昨年のサザーランドのクレオパトラに続いて、今年はディートリヒ・フィッシャー=ディースカウが歌うチェーザレのアリアをイタリア語日本語対訳付き動画にして公開します。翻訳はReikoさまです。

動画はこちら → ジュリオ・チェーザレ
対訳はこちら → ジュリオ・チェーザレ

この音源は、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウとイルムガルト・ゼーフリートをソリストに迎えて、ベームがベルリン放送交響楽団を振って録音したLP1枚分の抜粋盤のようです。最近発売された上のジャケ写のベームのボックスセットにも入ってます。ソリストそれぞれのボックスセットアリア集に収められていたりすることもあるようです。今回の曲目は次の通り。

1. Presti ormai l'egizia terra 00:00
2. Non è si vago e bello il fior nel prato 2:20
3. Va tacito e nascosto 6:20

第1幕のチェーザレのアリアを3曲まとめて1本の動画にしています。この音源は公開から50年以上が経過し、日本をはじめ著作隣接権保護期間を50年と定める国では、パブリックドメインとなっています。来年から順々に残りの音源も動画対訳にしていきましょうね。



2011年8月14日のベーム没後30年の記念日に「ユニバーサル・ミュージックはベームのオペラ激安ボックスセットを出しやがれ!」と書いてから6年半が過ぎ、ようやく出てきました。しかしたいへん残念なことに、このセットにはデッカと旧フィリップス(←いまはDGと同じユニバーサルの傘下)のオペラ録音が含まれていません。《影のない女》旧盤とか《指環》とか……。カラヤンでは出来るのに、ベームではなぜ出来ない?がっかりしてる人たくさんいると思うぞ。

ジュリオ・チェーザレ
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック