オペラ対訳プロジェクトのチャンネルを @YouTube が復元しました

オペラ昨日、オペラ対訳プロジェクトの YouTube チャンネルが復活しましたのでお知らせします。8月14日にアカウント停止の措置を受けてから約2週間ぶりの再開です。

昨晩3時半頃このようなメールが届いていました。チャンネル閉鎖の原因となった3本の動画のうち《ロ短調ミサ》を復元したということです。これがきっかけとなりチャンネルが再開したようです。

OperaTaiyaku 様

異議申し立て通知の処理を完了したことをお知らせいたします。

次の動画は復元されました(お客様ご自身で削除した場合を除きます)。

http://www.youtube.com/watch?v=6vOjVSzK8Bo

- YouTube チーム

しかし《ロ短調ミサ》にはさっそく著作権を主張する方々(UMG / Profil / NaxosofAmerica / Believe Music / AdShare MG for a Third Party……なんでこんなに) から警告を受けていて、このようなゴキブリ業者との戦いは果てることを知らないわけですが、しばらくは大人しくしていることにします。というのも、残る2本の動画は警告が継続しているため、ヘタに異議申し立てをして新たに1回の最終警告を受けると、警告3回でまた即チャンネル閉鎖となってしまうからです。

チャンネル登録者1万1千人のみなさまにはご心配をおかけしました。またいつ閉鎖を食らうかわかりませんが、どうか気長にお付き合いください。

YouTubeには繰り返し申し上げます。今回復活した《ロ短調ミサ》だけでなく《ハ短調ミサ》《リゴレット》も公開から50年以上が経過し、日本をはじめ著作隣接権保護期間を50年と定める国では、パブリックドメインとなっています。速やかに動画を復元してください。

ミサ曲ロ短調


ミサ曲ハ短調


リゴレット 第1幕


ウィキでメンバー登録している翻訳ボランティアのみなさまへ。メールアドレス(opera.******@gmail.com)も再開していますので、メンバー専用伝言板ともどもお問い合わせの際にはご利用ください。

ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック