ヴェルディ 《リゴレット》 全幕 YouTube動画公開

リゴレットジュゼッペ・ヴェルディ 《リゴレット》 第1幕のイタリア語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。1年半前に公開した第2幕/第3幕とあわせこれで全幕が完成しました。翻訳はSuperSEさまです。

動画はこちら → リゴレット
対訳はこちら → リゴレット

ドイツ・グラモフォンのプロデューサーは何の勝算があってそうしたのか?チェコ人が振り、ドイツ人が歌い、イタリア人が弾く《リゴレット》……。ラファエル・クーベリック指揮のミラノ・スカラ座管弦楽団です。リゴレットはフィッシャー=ディースカウ、背筋がピンと伸びてます。



この音源は公開から50年以上が経過し、日本をはじめ著作隣接権保護期間を50年と定める国では、パブリックドメインとなっています。

ヴェルディ:歌劇『リゴレット』

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
カルロ・ベルゴンツィ(T)
レナータ・スコット(S)
フィオレンツァ・コッソット(Ms)
イーヴォ・ヴィンコ(Bs)、他

ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
ラファエル・クーベリック(指揮)
1964年ステレオ録音

世間ではフィッシャー=ディースカウがディスられてるようですが、ゲロウマなのでこれはこれでいいのでは。私が気に入らないのはクーベリックの指揮。スカラ座よ、なんでこんなにつまんなそうにヴェルディを弾く?クーベリックのことキライなの?それとも、去年から今年にかけて制作したセラフィン指揮の《トロヴァトーレ》を私が聴きすぎただけなのか?

これまで動画対訳を作ったなかで、これほど音源の選択を後悔したことはない。

5月に《ローエングリン》を仕上げて「そろそろ作りかけのリゴレット第1幕終わらせなきゃ」と思って、WMMファイルの最終更新日を見て驚いた。2015年6月……クーベリックつまんねえから1年も放置してしまった。しかもファイルを開けてみると頭から10分で始まる最初のアンサンブルで面倒くさくなって挫折してた。たった1時間の第1幕を作るのに1年以上かかってしまった!たぶん今月公開するであろう、とあるワーグナー作品は制作に1カ月かからなかった。2時間もあるのに!

すいませんねぇ、ヴェルディのときはつい愚痴っぽくなってしまう……。

リゴレット
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック