リムスキー=コルサコフ 《モーツァルトとサリエリ》 対訳完成

リムスキー=コルサコフロシアン・オペラで涼しくなあれ!ニコライ・リムスキー=コルサコフ 《モーツァルトとサリエリ》 のリブレット歌詞対訳が完成しました。

日本語対訳はこちら → モーツァルトとサリエリ

来たよ、来たよ!またマイナーなのが!今日はリムスキー=コルサコフです。結構たくさんオペラを書いていますが、ロシア語の難しさもあるのでしょう、どれも日本で上演されることはほとんどありません。タイトルだけは聞いたことのあるこのオペラ、訳してくれたのは梅丘歌曲会館の藤井宏行さまです。「モーツアルトで夏祭」に花を添えてくれました。気を遣っていただきありがとうございます。

先月メロディア盤が再発されたようですし(たぶん日本語対訳ついてません)、その点でもグッドタイミング。

チャイコフスキーの《エフゲニー・オネーギン》と同様、ラテン翻字版とキリル文字版の対訳があります。(キリル文字版を使う人はほとんどいないでしょうが)

さて、今回のリムスキー=コルサコフ 《モーツァルトとサリエリ》の日本語訳テキストはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス・表示 2.1 日本 (CC BY 2.1) でライセンスされています。その条件に従う場合に限り、自由にこの日本語対訳テキストを複製、頒布、展示、実演することができます。「表示」条件をクリアするためには次のタグを転載先ウェブ上の近傍に貼ってください。

<a href="http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/" target="_blank" ><img border="0" style="" title="Creative Commons License" alt="Creative Commons License" src="http://i.creativecommons.org/l/by/2.1/jp/88x31.png" /></a><br />この日本語テキストは、<br /><a href="http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/" target="_blank" rel="nofollow">クリエイティブ・コモンズ・ライセンス</a><br />の下でライセンスされています。<br />@<a href="http://umekakyoku.at.webry.info/" target="_blank">藤井宏行</a>

さらに出典元のURL
http://www31.atwiki.jp/oper/pages/1756.html
を加えてもらえるとなおよいですが、義務ではありません。

「モーツァルトで夏祭」はあと1週間ほどで終了します。こちらのツイートのリツイート数がほぼ応募者数とイコールです。まだ応募数が100に満たない状態です。かなりの高確率で当たります。

デアゴスティーニ突然ですが悲報です。ブログ「老いた犬に芸は仕込めない?」で知りました。デアゴスティーニの「DVD世界のオペラハウス名演コレクション」は第5号を最後に休刊してしまいました。先月記事にしたとおり「静岡県限定」でテスト販売を行っていたものの、売れ行きが不調だったに違いありません。これで全国展開はおじゃんでしょう。ああ、俺のクレオパトラは……。

モーツァルトとサリエリ
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック