アルバン・ベルク 「ルルの歌」 YouTube動画公開

アルバン・ベルクアルバン・ベルク 《ルル》 第2幕から「ルルの歌」のドイツ語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳はwagnerianchanさまです。

日本語対訳はこちら → ルル

ルルを歌うのはヘルガ・ピラルツィク、演奏はアンタル・ドラティ指揮/ロンドン交響楽団です。ただし、音源はオペラではなく《ルル組曲》からの抜粋です。おそらく昨年4月に動画対訳にして公開した《ヴォツェックからの3つの断章》と同時期に録音された音源でしょう。

この音源は公開から50年以上が経過し、日本をはじめ著作隣接権保護期間を50年と定める国では、パブリックドメインとなっています。《ルル組曲》全曲聴きたい場合は、上のジャケ写の MERCURY LIVING PRESENCE The Collector's Edition Vol. 2 を買うと入ってます。《ルル組曲》だけのために1万円も出せねえという方は、Blue Sky Label でダウンロードできます。はい、私はここからいただきました。ありがとうございました。



《ルル組曲》のうち声楽付きなのはこの「ルルの歌」と最終楽章です。オペラの最後の場面にあたる最終楽章にはほとんど歌詞がなく、ルルの死の叫びとゲシュヴィッツ伯爵令嬢の「ルル……私の天使……」で始まる短いモノローグがあるだけです。そこまでは動画対訳にすることもないかなと。

本日19時からバイエルン国立歌劇場の「STAATSOPER.TV」が《ルル》(チェルハ補筆3幕版)の中継録画を無料配信します。英語字幕らしいので、当プロジェクトの日本語対訳(第2幕までです)を鑑賞にお役立てください。

アルバン・ベルク《ルル》新演出

視聴URL:http://www.staatsoper.de/tv-asia (英語字幕)

 6月7日(日)午後7時(日本時間)
 演出:ディミトリ・チェルニアコフ
 指揮:キリル・ペトレンコ
 出演:マルリス・ペーターゼン、ダニエラ・シンドラム、
    ライナー・トロスト、ボー・スコウフス、
    マティアス・クリンク、ハルトムート・ヴェルカー、
    ヴォルフガング・アプリンガー・シュペルハッケ、
    クリスティアン・リーガー/他

《ルル2幕版》全曲の動画対訳制作の可能性を調べてみました。

《ルル》 ベーム

録音:1968年 公開:1968年 保護期間終了予定:2018年12月31日
Amazon

《ルル》 ルートヴィヒ

録音:1968年 公開:1968年 保護期間終了予定:2018年12月31日
Amazon

《ルル》 ドホナーニ

録音:1976年 公開:1978年 保護期間終了予定:2028年12月31日
Amazon

《ルル》(チェルハ補筆3幕版) ブーレーズ

録音:1979年 公開:1979年 保護期間終了予定:2029年12月31日
Amazon

ベーム盤の保護期間が切れるのと、TPP締結後の著作権法改正とどちらが早いか、微妙なところかもしれません。

ルル
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック