ウェーバー 《オベロン》(英語版) 対訳完成

オベロンウェーバー 《オベロン》(英語版)のリブレット歌詞対訳が完成しました。翻訳は梅丘歌曲会館の藤井宏行さまです。

日本語対訳はこちら → オベロン(英語版)

藤井さまの訳者よりにもあるとおり、このオペラ現在ではドイツ語上演がほとんどですし、数少ない英語盤CDであるガーディナー盤は台詞部分をナレーションでまとめることで音楽と音楽を繋ぐという構成になっているため、今回完成した対訳とは構成が異なります。

この英語版《オベロン》がどれほどお役に立てるかは心許ないですが、藤井さまの翻訳はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス・表示 2.1 日本 (CC BY 2.1) でライセンスされています。その条件に従う場合に限り、自由にこの日本語対訳テキストを複製、頒布、展示、実演することができますので、この英語版を利用してドイツ語版を制作することも可能です。ドイツ語がそこそこできる方ならチャレンジできると思います。

<a href="http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/" target="_blank" ><img border="0" style="" title="Creative Commons License" alt="Creative Commons License" src="http://i.creativecommons.org/l/by/2.1/jp/88x31.png" /></a><br />この日本語テキストは、<br /><a href="http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/" target="_blank" rel="nofollow">クリエイティブ・コモンズ・ライセンス</a><br />の下でライセンスされています。<br />@<a href="http://umekakyoku.at.webry.info/" target="_blank">藤井宏行</a>

「表示」条件をクリアするためにはこのタグを転載先ウェブ上の近傍に貼ってください。さらに出典元のURL
http://www31.atwiki.jp/oper/pages/371.html
を加えてもらえるとなおよいですが、義務ではありません。

さて今週カーリング廃人となっている管理人から、また女子カーリングねたを。二番手を争うドイツ戦、やはり好ゲームとなりました。大量3点スチールした第5エンドは痛快でしたが、鍵となったエンドは、日本先攻、ドイツ後攻で迎えた第3エンドだったと思います。

第3エンドは日本、ドイツともナイスショットを連発する好エンド、一投毎に局面が180度変わるカーリングの醍醐味を味わうことができました。ドイツがサードの一発で4個のセンターガードをすべてはじき飛ばすという超絶プレイが炸裂し、日本は大ピンチだったのですが、スキップ小笠原(旧姓小野寺)選手のナイスショット2発で、かろうじて2失点に抑えることができました。映像をよく見ると、このエンド4失点の可能性があったことがわかります。ドイツのラスト・ストーンで飛んだ日本のストーンが3時方向にあったドイツのストーンに引っかかってナンバー3に残る幸運のおかげで2失点で免れたのです。もし、ドイツのストーンが数十センチずれていたら、3失点、4失点している可能性があったのでした。2失点しましたが、両軍好プレイの末に、勝利の女神が日本に微笑んだ瞬間でした。

初戦イタリア戦の出来がボロボロで、これでは到底勝ち抜けるとは思えない、チーム藤澤(中部電力)を即刻ドイツに空輸してチェンジすべきではないかと思われましたが、弱いチームから当たる対戦順という幸運を見方につけ1戦毎に調子を上げ、ドイツ戦のあとチェコ戦にも勝ち5連勝です。日本代表選考会でさえなかったサード船山(旧姓林)選手は完全に復調しました。それがスキップのスーパーショットを引き出しています。この調子を維持できれば五輪チケットは全く問題ないと思います。

いよいよ今日明日と中国との連戦です。勝敗は脇に置いて超絶好ゲームを期待しています。中国が得意なストーンを溜める寝技勝負に持ち込むのか、日本がそれに付き合って真っ向勝負するのか、それともクリーンな展開の立ち技勝負に掛けるのかが見所です。

中国に連敗しても最後の1枠を掛けた最終戦にはどこが勝ち上がってきても大丈夫。日本に負けたドイツは相当がっかりしたと見え、その日の第二試合で格下ノルウェーに負けてしまいました。ノルウェーがプレイオフに勝ち上がってくる可能性があります。愛すべき「遠足に来た小学生」をまた見たいものです。

オベロン(英語版)
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
ウェブリブログ・リニューアルに伴う不具合のためココで投票できない可能性があります。その場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック