三大テノールが歌う「誰も寝てはならぬ」YouTube動画公開

トゥーランドットプッチーニ 《トゥーランドット》第3幕からカラフのアリア「誰も寝てはならぬ」のイタリア語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。

動画はこちら → トゥーランドット
対訳はこちら → トゥーランドット

この人たちを当時三大テノールと言ったか言わなかったか、わかりませんが…。ステレオ初期の三大テノールと呼ぶにふさわしい三人ではないかと思います。

YouTube → フランコ・コレッリ
YouTube → ジュゼッペ・ディ・ステーファノ
YouTube → マリオ・デル・モナコ <既出>

今回新たに制作したのはコレッリとステーファノのヴァージョンです。







いずれの音源も公開から50年以上が経過し、日本をはじめ著作隣接権保護期間を50年と定める国では、パブリックドメインとなっています。

この三人のなかでは60年代になってから録音をたくさん残した印象があるコレッリが一回り下の世代なのかなと思っていた。ところが生年月日を調べてみてビックリ。
デル・モナコは六つほどお兄さんですが、コレッリとステーファノはタメで、7月生まれのステーファノが一番若かった。

トリノ・オリンピックで荒川静香が「誰も寝てはならぬ」で滑って優勝、金メダルを引っさげてすぐにプロ転向。いよいよソチ・オリンピック・シーズン限りで競技引退する浅田真央ちゃんがファイナル・シーズンにゲンのいいこの曲に賭けるのではないかと期待していましたがハズレ。

ショートプログラムはショパン「ノクターン第2番」、フリーはラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」に決定したそうな。無難にロシア物か。しかし前回オリンピックで2番だった人が、「2番」「2番」ってゲンが悪くないか…。それとももう2番を狙うしかないのか…。

浅田、ソチ向けSPはショパン、フリーはラフマニノフ

オペラはかすりもしませんでした。

トゥーランドット
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
ココで投票できない場合こちらで投票してください。⇒⇒⇒投票所


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック