オペラ対訳プロジェクト広報室

アクセスカウンタ

zoom RSS グノー《ファウスト》全曲 クリュイタンス指揮 YouTube動画公開

<<   作成日時 : 2018/06/17 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オペラ本日はシャルル・グノーの二百回目の誕生日です。《ファウスト》全曲盤にフランス語日本語対訳字幕を付けたYouTube動画を公開します。翻訳は梅丘歌曲会館の藤井宏行さまです。

対訳はこちら → ファウスト
動画はこちら → ファウスト

図らずも、2週連続ゲーテになってしまいました。ボーイトは台本が小難しいし音楽も凝ってますけど、グノーはすこぶるわかりやすい。どこを切っても耳に心地よいメロディーが流れてきます。



音源はクリュイタンス指揮による古典的名盤。ほぼ同じキャストのモノラル全曲盤があるのに5年後に入れ直しているのは、ステレオ化の他に初演百年を記念する意味もあったのかも。この音源は公開から50年以上が経過し、日本をはじめ著作隣接権保護期間を50年と定める国では、パブリックドメインとなっています。

グノー《ファウスト》全曲

 ファウスト:ニコライ・ゲッダ(テノール)
 マルグリート:ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス(ソプラノ)
 メフィストフェレ:ボリス・クリストフ(バス)
 ヴァランタン:エルネスト・ブランク(バリトン)
 シーベル:リリアーヌ・ベルトン(ソプラノ)
 マルト:リタ・ゴール(メゾ・ソプラノ)

 パリ・オペラ座管弦楽団&合唱団
 アンドレ・クリュイタンス(指揮)

 録音時期:1958年9月、10月
 録音場所:パリ、Salle de la Mutualite
 録音方式:ステレオ(セッション)

カットあります。もっともそれが版の違いによるものなのかはよくわかりませんが。とにかく「糸紡ぐマルグリート」はありません。

第5幕にバレエ音楽入ってます。スッ飛ばしたい人はYouTubeのプログレスバーにカーソルを持ってきて、背景画像がなくなるところに飛ぶとよいと思います。

子供の頃には「トロイの娘の踊り」とか、なんてキレイな音楽なんだろうと心ときめかせたもんです。しかし薄汚れたおっさんになってしまった今では、このオペラ、なんかブルジョワ的で刺激に乏しいような……。これより10年以上古いベルリオーズのほうが、ずっとモダンに聴こえるし。ただし例外的に「宝石の歌」だけは奇跡のように輝いていて、ここを通過するときはいつも鳥肌が立つのではあるけれど。

ファウスト
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペラ

オペラ

オペラ

人気ブログランキングへ

オペラ対訳プロジェクト


オペラ対訳完成


その他対訳完成


オペラ配役プロジェクト


リンク


グノー《ファウスト》全曲 クリュイタンス指揮 YouTube動画公開 オペラ対訳プロジェクト広報室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる