オペラ対訳プロジェクト広報室

アクセスカウンタ

zoom RSS マスカーニ 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 全曲 YouTube動画公開

<<   作成日時 : 2017/04/16 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オペラ復活祭です。ピエトロ・マスカーニ 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 全曲のイタリア語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳は梅丘歌曲会館の藤井宏行さまです。

動画は → カヴァレリア・ルスティカーナ
対訳は → カヴァレリア・ルスティカーナ

2013年12月7日の誕生日にマスカーニの生誕150年を祝って、シミオナート/セラフィン盤を動画対訳にして以来の、2本目の全曲動画対訳です。

《カヴァレリア》は名盤揃いですが2本目に選んだのはもちろんコレ。カラヤン指揮/スカラ座盤。この音源は昨年末で待ちに待った著作隣接権保護期間が終了し、日本をはじめ保護期間を50年と定める国ではパブリックドメインとなっています。



カラヤンの伝記にはシャイーの話として、イタリアではこのオペラと《道化師》(同時期にカラヤンが録音している)の解釈が、「カラヤン以前」と「カラヤン以後」に分かれるようになった、とあります。

マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』全曲

サントゥッツァ:フィオレンツァ・コッソット(メゾ・ソプラノ)
トゥリッドゥ:カルロ・ベルゴンツィ(テノール)
ルチア:マリアグラツィア・アレグリ(アルト)
アルフィオ:ジャンジャコモ・グェルフィ(バリトン)
ローラ:アドリアーネ・マルティーノ(メゾ・ソプラノ)

ミラノ・スカラ座合唱団(合唱指揮:ロベルト・ベナーリオ)
ミラノ・スカラ座管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

録音時期:1965年9月
録音場所:ミラノ、スカラ座
録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

フルベンでもベームでもチェリでもアーノンでも、なんでも好きなものを聴けばいいとは思う。しかしクラヲタやるならカラヤンを「積極的に」聴かないという選択肢はないと心得るべきです。遺した音源が途方もない規模で、しかもどれもが高水準ですから、誰も避けて通ることはできないでしょう。

私も若い頃はカラヤンの悪口を言ったと思う。10回ぐらいは言ったんじゃないかな。ド阿呆でした。このプロジェクトの管理人をはじめて、オペラを腰を入れて聴くようになってから、いっそう痛感します。

小澤征爾がオペラについて語るとき、必ずといっていいほどカラヤンの教えを引く。「交響曲とオペラは音楽の両輪」なのだと。もしオペラをやらなければ、ワーグナーやヴェルディやプッチーニのすべて、モーツァルトの半分はわからないのだぞと。

この言葉はそのままカラヤン自身にもあてはまるように思う。つまり、オペラを聴かなければ、カラヤンの半分はわからない。

カヴァレリア・ルスティカーナ
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペラ

オペラ

オペラ

人気ブログランキングへ

オペラ対訳プロジェクト


オペラ対訳完成


その他対訳完成


オペラ配役プロジェクト


リンク


マスカーニ 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 全曲 YouTube動画公開 オペラ対訳プロジェクト広報室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる