オペラ対訳プロジェクト広報室

アクセスカウンタ

zoom RSS トレホン・イ・ベラスコ 《バラの紫》

<<   作成日時 : 2016/08/31 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

バラの紫8月の最終水曜日、つまり本日は「トマト祭り(トマティーナ)」の日です。バレンシア州ブニョールには世界中のおバカさんが大集結しトマトを投げ合います。

オペラ対訳プロジェクトは、財政危機にあっても陽気なスペインに敬意を表して、8月の最終水曜日をスペインの日と定め、毎年スペイン語のリブレット対訳テンプレートを公開することにしています。

今年はトマス・デ・トレホン・イ・ベラスコ 《バラの紫》の対訳テンプレートを作成しました。

対訳テンプレートはこちら → バラの紫

1701年にリマで初演されたこのオペラは、アメリカ大陸で作曲・上演された初めてのオペラなんだそうです。内容はギリシャ神話の「ヴィーナスとアドニス」のお話らしい。スペイン語得意な人、よろしくです。


以前、リオ五輪の際にはポルトガル語のテンプレを公開したいと書いたような気がします。ヴィラ=ロボスのオペラを探したんですが、リブレットは見つからないし台本作家の著作権保護期間も切れてない例が多そうなのであきらめました。

かわりに「ブラジル風バッハ第5番」の動画対訳作ろうかな〜と思ったのですが(作曲者指揮による有名な音源が隣接権切れのはずだし)、当然あるだろうと思って行った梅丘歌曲会館に日本語訳が無い。調べてみたら「アリア」の作詞者 Ruth Valadares Corrêa の著作権は切れてるけど、「踊り」の作詞者 Manuel Bandeira のほうはまだみたいです。こちらもあきらめました。


フィギュアスケート浅田真央選手、今シーズンのプログラムはファリャだそうです。去年《蝶々夫人》発表の時には「ある晴れた日に」の動画再生回数がとんでもない記録を叩きだしたもんですが、残念ながら今年はオペラじゃなかった。そう毎年うまくは行かない。ただファリャには歌付きの曲もあるので、前回同様、部分的に歌付きのプロになるのかどうか。ファリャのテンプレはこちら。《バラの紫》ともども日本語訳待ってます。

しかし真央ちゃんが「ファリャのリチュアルダンスです」って言った時に、クラヲタですら「は?何それ」だったのでは。これバレエ《恋は魔術師》の「火祭りの踊り」のことなんですね。ふつー「火祭りの踊り」って言うよね、あれは。

どうやら英語では「火祭りの踊り」を Ritual Fire Dance と言うらしいんだな。たぶん振付のローリー・ニコルと英語で会話するときにはつづめて「リチュアルダンス」と言ってるんだろう。エキシビションで使う「無伴奏チェロ組曲」が「チェロスイート」と表記されているのも同じ理由だと思う。

レコード会社はバカだな〜と思う。これから真央ちゃんの演技がテレビで流れるたびにアナウンサーが「浅田真央、炎のリチュアルダンス!」とか連呼するだろう。アマゾンで「リチュアルダンス」とか「チェロスイート」で検索してみ?主要な商品まったくヒットしねーじゃん。その季節になったら商品企画部の人は真央ちゃんの事務所に日参して情報仕入れて「リチュアルダンス」と耳にしたら「発表するときは火祭りの踊りと言ってもらえませんか」ぐらいの入れ知恵はするべきなのでは。

バラの紫
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご期待に沿えませんで申し訳ありません。ヴィラ=ロボスのこの曲はだいぶ前に取り上げようと思ったのですが、詩人の著作権がアウトで断念しました。Corrêaの没年、リンク頂いているHyperionのサイトの表記はちょっと変です。私が調べた時はもっと最近だったように記憶しておりますが。いずれにしてもブラジルは戦時加算の対象国なので、ヴィラ=ロボスはもう少しお預けの筈かと思いますけれど。

ファリャの「恋は魔術師」も過去取り上げようとして結構なテキストの分量に中断しております。いずれはこちらか自分のところに訳はアップしたいと思ってはおりますが。それで「火祭りの踊り」って限りなく誤訳に近いようで、魔術師が火の魔法を使っているところの音楽ですから「Ritual」の方がニュアンスが合っているように思えます。「火祭り」ではなんか大勢で集まって盆踊りでもやっている感じがします。

歌曲会館のサイト まだ完全には終わっておりませんがとりあえず移転先を本日公開致しました。色々ご心配をおかけして済みませんでした。
FUJII
2016/09/04 22:45
藤井さま
梅丘移転作業お疲れさまでした。原語と日本語の配置は以前とは変えたんですね。私にはこっちのほうが見やすいです。オペ対に旧サイトへのリンクが残っていますが、たぶん今月中には新しい方へ差し替えられると思います。
ブラジルは参りました。今の今まで、ブラジルは枢軸側だと思い込んでいました。おっしゃるとおりヴィラ=ロボスはどの道アウトでしたね。
オペラ対訳プロジェクト管理人
2016/09/06 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペラ

オペラ

オペラ

人気ブログランキングへ

オペラ対訳プロジェクト


オペラ対訳完成


その他対訳完成


オペラ配役プロジェクト


リンク


トレホン・イ・ベラスコ 《バラの紫》 オペラ対訳プロジェクト広報室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる