オペラ対訳プロジェクト広報室

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘンデル 《アタランタ》

<<   作成日時 : 2015/03/14 09:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

アタランタゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル 《アタランタ》の対訳テンプレートを作成しました。

対訳テンプレートはこちら → アタランタ

主人公はギリシャ神話に出てくる足の速いお姉さんアタランテーらしい。

以上。

今週はオペラとかどうでもいい。極私的には1年で最大のスポーツイベント、カーリング女子世界選手権なのだ。もうすぐ始まるよ〜「日本 vs. スイス」戦。

さっそく予選ラウンドの星取表を考えてみました。上位4チームが決勝トーナメント進出です。出場チームをにランク分けすると日本はかと。●が日本の勝ち、×が負け。

14日 vs. スイス ×
15日 vs. スウェーデン ×
15日 vs. スコットランド ×
16日 vs. ノルウェー 
16日 vs. フィンランド 
17日 vs. アメリカ 
17日 vs. ロシア 
18日 vs. デンマーク 
18日 vs. 中国 ×
19日 vs. カナダ 
19日 vs. ドイツ 

日本代表チーム小笠原(北海道銀行)はいつもエンジンのかかりが遅い。にも関わらず今大会ではのっけから優勝候補との3連戦が待ち構えています。昨シーズンは「五輪最終予選」「ソチ五輪」ともに下位チームから当たるという幸運に恵まれましたが、そう毎度毎度よいことばかりは続かない。エンジンが温まった後でもどうせ負ける相手です。先に当たって負けておけば良しと考えましょう。

3連敗のあとチームとの対戦に快勝して調子が上向いたところで、続くのライバルたちを何としても叩いておかなければなりません。

目標は4敗まで。4敗でもキツイけど5敗すると決勝トーナメント進出はまずムリ。開幕3連敗のあと5連勝、しかし終盤戦で苦手な中国に星を落としついに4敗してしまい、もうカナダに超大金星をあげるしかなくなるという、とかく「劇場型」(ヘンデルみたいね)と呼ばれるスキップ小笠原選手にうってつけの筋書きとなっています。

でも優勝はやっぱしカナダでしょう。期待も込めて日本を4番手にしました。

◎ カナダ
○ スウェーデン
▲ スイス
△ 日本
△ スコットランド
△ ロシア

カナダは先月のカナダ選手権で優勝したソチ五輪女王ジェニファー・ジョーンズ。私が(札幌も)期待していたホーマンは残念ながら3位。あのふてぶてしいドヤ顔が日本のお茶の間に流れることは今年もありません。来年期待しましょう。スウェーデンはソチ五輪銀のシグフリッドソン(←ジークフリートの息子って意味?)。まあこの2チームは鉄板でしょう。

スイスは世界選手権とヨーロッパ選手権のタイトルホルダーなんですが、それを勝ち取ったベテラン、フェルチャーがスイス選手権で敗退し、若いペーツ率いるチームが代表に選ばれました。この人ソチ五輪でリザーブに駆り出されて参加し日本戦ではセカンドに入って(絶不調だったけど)投げてました。たぶん自分がスキップを務めるチームでは世界戦初参加だと思いますがあなどれません。オットさんが引退してもスイスは強いです。先月のスイス選手権の映像を見るとフェルチャー、ペーツ、ティリンゾーニあたりどこが出てきても優勝争いできる高いレベルをキープしています。ちなみにオットさんはチーム・ペーツのコーチをやってるので札幌に来てますね。

美女がスキップを努めるスコットランドとロシア。ミュアヘッドは1月の国際試合でなんか元気なかったという薄弱な根拠だけでちょっと評価を下げてみました。シドロワはヨーロッパ選手権準優勝ですが、決勝戦の負け方がよくなかった。良くも悪くも若さが出るチームです。

五輪の翌年ということで各国世代交代が進んで若いチーム、初出場のチームが目立ちます。ベテラン・スキップと呼べるのは、カナダ、スウェーデンそして日本だけじゃないかな。カーリングは経験がモノを言う競技です。しかも地元開催ですから日本にもかなりチャンスがあります。(日本を6番手に推す TSN 曰く "This group could sneak into the playoff round if everything goes well." だそうです)

チーム小笠原(北海道銀行)にかける私の期待は先週の記事の通り。サードの吉村選手のパフォーマンスに注目です。ヒットで守るか、ドローで攻めるかの選択を迫られる場面が必ず何度か出てきます。そのときスキップの小笠原選手が自信を持って吉村選手にドローを投げさせる選択ができるか、その期待に吉村選手が応えられるかがポイントです。

NHK-BSは何をトチ狂ったのか日本戦全試合生中継するそうです。NHKの中にも私みたいに女子カーリングに魂抜かれちゃった人がいるんでしょう。生だと2時間半もかかるのに!サッカーW杯なんて予選敗退しちゃうと日本戦はたった3試合6時間。カーリングは予選敗退でも11試合28時間も楽しめる。カーリングってすばらしい!

解説・ゲストも豪華。いつもの敦賀さん石崎さん(元チーム目黒)に加え、金村さん(旧姓目黒)と市川さん(元中電)も呼んだらしい。元チーム目黒の二人が登壇してカナダ戦を解説するとなれば、2008年カナダ・ヴァーノン世界選手権におけるジェニファー・ジョーンズとの伝説の準決勝戦に話が及ぶことは必至。事前にこちらの記事と動画を見ておくとカナダ戦を1.3倍ぐらい楽しめます。

BS見られない人はFireFox導入してProxTubeをアドオンするとあら不思議、ブロックされてるはずの日本戦がWorldCurlingTVで見られるようになるはずです。

全部見てられない人は、日本が勝つ試合が見たければ梅との対戦を、ハラハラしたい人は松や竹との対戦を見るといいです。でもカナダ戦だけは絶対見たほうがいいですよ。

アタランタ
ランキングを見る(にほんブログ村 オペラ)
ランキングを見る(人気ブログランキング クラシック)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペラ

オペラ

オペラ

人気ブログランキングへ

オペラ対訳プロジェクト


オペラ対訳完成


その他対訳完成


オペラ配役プロジェクト


リンク


ヘンデル 《アタランタ》 オペラ対訳プロジェクト広報室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる